ciyblog

記事一覧(21)

作家のワークショップシリーズ03-そもそもワークショップって何?

No.021 バイヤーズ・メモ/ お伝えする人:ゆっき /そもそもワークショップって?こんばんは、バイヤーのゆっきです。「作家はなぜワークショップをするのか?」シリーズ3回目は作家さん紹介から脱線して・・・そもそもワークショップって何なの?。最近は広義に使われるようになり本来の意味がどういうものだったかわからなくなってしまうほど、いろんなところでワークショップという言葉が使われています。別に伝わればいいんじゃない?とは思いつつ、少し考えてみたいと思います。「ワークショップは、学びや創造、問題解決やトレーニングの手法である。参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。」Wikipediaより引用そうそう全員参加型。個人ではなく皆で体験していくもの。美術館だと、ここ何年かでよく見かけるようになったのは対話型鑑賞のワークショップ。これすごい楽しい。チャンスがあれば、参加してみるととても勉強になります。大阪新美術館建設準備室の方々が取り組まれてたりして面白いので、アーカイブでも覗いてみては? 「大阪新美術館建設準備室 対話型鑑賞」で是非検索してみてください。そして、忘れてはいけないモノづくりのワークショップについてもともとは「仕事場」「工房」「作業場」など、共同で何かを作る場所を意味していたが、最近では問題解決やトレーニングの手法、学びと創造の手法としてこの言葉が使われる事が多く、あらゆる分野で「ワークショップ」が行われている。「通常ファシリテーターと呼ばれる司会進行役の人が、参加者が自発的に作業をする環境を整え、参加者全員が体験するものとして運営される。近年は企業研修や住民参加型まちづくりにおける合意形成の手法としてよく用いられている。」Hatena keywordより引用検索したり、本を読んだりすると、モノづくりのワークショップは後者的立ち位置。個人の中で完結してしまうものが多かったりするからなのか・・・?集団で体験するワークショップと違い、個人完結の比重が多いモノづくりのワークショップだけど、その中でもやはり体験者も、プレイヤーも気づきがあるという点は否定できない。モノづくりの中で経験した体験や気づきが、結果として参加者の持つ環境内での相互作用に繋がったりするということを含め私はモノづくりのワークショップも、ファシリテーターありきの集団体験型のワークショップもどちらもワークショップだと思っている。広義に捉えています。あんまりカテゴライズするの好きじゃないんだけど。むむ。本を読んだりすると、明確にカテゴライズできるかも?だけど、整理してカテゴライズしてしまうより、この先どう進化していくかに興味を持っている方が楽しいんじゃないかなと思う。オルタナティブなイメージ(私の意見)知りたい方によくおすすめされる本はこちらワークショップ―新しい学びと創造の場 (岩波新書)中野民夫そんなこんなで引き続き、「作家はなぜワークショップをするのか?」引き続き作家を取材しながら紐解いていきたいと思います!次回は、みんな大好き今城塚古墳!「はにコット」さんの楽しすぎるイベントへ。古墳!!みんな!「墳友」になろう!!の予定です。

エンドユーザーとつくり手さんの声vol.2

No.019 コミュニティオーダー・アクション/ お伝えする人:サナティー /フルオーダーにかわる方法7人の凸凹ブログ、月曜日の担当のサナティーです。みなさん、こんばんは。最近、朝がとっても冷え冷えしてきましたね。寝起きに毛布から離れられなくなる日も近し!さて、先週のブログで、エンドユーザー(私のお友だち)としゃべって、オーダーメイドに求めるものは、・かゆい所に手が届く・個性の追求なのでは?と書きました。また、フルオーダーは色々と難しいので、・フルオーダーにかわるオーダー方法が必要かもと。そこで、今日は、つくり手である作家さんにオーダーメイドについてお聞きしたことをしたためまーす。作家さんと言っても、いろんな方がいらっしゃいますが、私がお会いしたのは、お洋服やアクセサリー、雑貨を一点一点手づくりされている方たちです。作家の悩みアヒージョがとってもおいしいイタリアンでワインをいただきながら、とっても真面目にお話ししました、笑。サナティー「フルオーダーに変わる、夢のようなオーダー方式ってないものでしょうか?エンドユーザーのこだわりも反映して、それでいて自分だけのちょっと個性的なお洋服やアクセサリーをゲッツできる方法です。」アクセサリー作家さん「いろんな方のニーズに応えたいんだけど、色々対応しようと思うと、とっても多くのパーツ材料がいるんですよねー。そして、めったに使わない材料がでてきたりしてコストがかかって、まわりまわって商品代が高くなる。あんまり高くなってまで、買いたくないというお客さんも多いですよー」洋服作家「とにかく時間がかかる!新しいデザイン、パターン、縫製。お一人のお洋服にかけられる時間って実はそんなに多くない作家さんがほとんどだと思うよ〜」なるほど、なるほど、作家さんたちもオーダーメイドにチャレンジしたいけど、いろいろ難しい問題、悩みがある感じ。ひとりのためのデザインは、コストも時間もかかりすぎる。。。全員同じデザインだと、オーダーメイドじゃなくなる。。。うーん難しい〜コミュニティオーダーかもしれない!あっそうだ。ひとりと全員のあいだ、100人くらい?100人くらいのコミュニティにしか手に入らないオーダーであれば、コストとお金の面も解決できるかも!そして100人くらいなら、普段の生活での洋服被りの確率は、たぶん天文学的数字!!これしかないわぁ!!!オーダーメイドなんで、作家さんだけで完成品をデザインするんじゃなく、使い手であるエンドユーザーさんのアイデアを、どんどん取り入れる感じ。この方法やってみようーー!「具体的にどうしようかしら。。。」また、来週〜サナティーでした。

菊花開くペーパーレシピ

No.017 七十二候の紙花生活/ お伝えする人:リコ /こんばんは。七十二候の紙花生活第2回目は予告通りの菊の花を作ります。10月13日(土)は寒露 次候 菊花開(きくのはなひらく)寒露とは、夜が長くなり、露がつめたく感じられるころ。冷え込みがきつくなる分、空気が澄んだ秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。私は秋が一番好きだなあ。。。秋と言えば・・・ピクニック!アウトドアも気持ちよく楽しめるし、海釣りも、川釣りも最高!果物狩りも芋ほりも、秋の京都の紅葉も迎賓館とかも行ってみたいし、秋はイベントも多くって色々楽しい妄想が膨らんじゃう!どんな妄想かは置いといて・・・花を作らなきゃ。忘れそう。菊花開今日は、七十二候 菊花開(きくのはなひらく)の、菊。菊と言えば、高槻のそばの枚方市で大菊人形っていうのがあったって話を私のおばさんから聞いたことがあるんだけど「みなさん、枚方大菊人形って知ってますか?」検索したんだけど、あれ、すごいよね?!本物の菊でできている人形らしいんだけど、私にはそんなすごいの作れないから今日は紙で菊の花を作ります。花びらがクリンクリンの菊の花。レシピ ① まず、紙を5ミリ×25センチくらいの太さにカット私は赤色にしたけど、黄色とか、好きな色でいいと思うよ。厚みは95キロくらいがいいかな。

「なんらかの秋」

No.013 ススマル手帳/ お伝えする人:まるも /温泉の秋到来?!こんばんは。まるもです。この前の週末は行きたかった手作り市が盛りだくさんだったのですがあいにくの雨で全て中止になってしまいました。残念。。最近は前日に早々と中止や延期になることが多いので予定を変更することは容易いのですが出展を、予定されていた作家さん方は毎度、気の毒です。。秋の屋外イベントは芸術の秋、食欲の秋などいわゆる'なんらかの秋' が一度に訪れるので好きな季節なんですが、ここ数年、週末に雨が降ることが多い!ので今年はなんとかお天道様!雨少なめでお願い致します。笑前置きが長くなりましたが週末は予定を変更して友人数名と自宅から電車で30分程の温泉に行って来ました。いわゆる銭湯でもなくスーパー銭湯でもなく、宿泊施設あり大衆演劇あり、フードコートありの日帰り入浴施設へ。いやぁ、雨なのに人、めっちゃ多かったんですよね。。「小出し感」とろとろのお湯でお肌スベスベ ! 笑 になったり友人たちと少しお酒も入り楽しいひと時だったんですが温泉に浸かりながらこんな形態の入浴施設が多くなってきてるのかなぁなんて考えてました。私の中でなぜこんなにもお客さんが多いかを考えていると'小出し感' というワードが頭に浮かびました。これは、勝手な私の定義として都会の温泉は既に'諦めてる'からこそ小出しにする。もちろん良い意味での諦めです。都会の温泉には田舎の温泉街にある様な誰もを魅力する景色も舌鼓を打つ名物料理もありません。その代わりに次から次に小出しに催しが始まるんですよね。14時から大衆演劇!16時から盆踊り大会!1時間に1回、ロウリュウとか。*ロウリュウとは(フィンランド発祥のサウナ入浴法のひとつ。熱い石に水素水を掛けることで室内を水蒸気で包み発汗を促す)その他も、卓球場ありゲームセンターありと本当に盛り沢山でした。正直帰りたくなかったです、、、笑やっぱりみんな楽しいことが好きなんですよね!帰り道、友人と別れてから今日温泉で感じたことをススマルシェに活かせないものかと考えていました。昨今は手作り市が飽和状態で目新しいものをなかなか見かけなくなっています。そして、今までの売りが決して、売りではなくただのマンネリ、になっていることも。時代は動く、流行は変わる。いやはや、ススマルシェもうかうかしていられませんね。いろいろと学んだ温泉レポート、、いや、まるものススマル手帳でした。