もふもふポンポンなピンクのカーネーション


No.115 七十二候の紙花生活

/ お伝えする人:リコ /


こんばんは。

リコです。


七十二候の紙花生活は第16回目となりました。

1月19日(土)小寒 六十九候 雉始雊(きじはじめてなく)

雉は日本の国鳥だということを知っていますか?

特に白い雉は祥瑞として、これが献上されたことで年号を変えたほど

意義を有していたそう。

雉が鳴き始めるころ。雉たちの求愛のシーズン到来。

頻繁に鳴き声を上げ始めるのは、まさに春に向かおうとする

この時期からとされているそう。

そ・・・そうなんだ。

雉ってどんな鳥だっけ・・・クジャクと似てるのかな・・・

思い出せない…


さてさて・・・。

最近、モフモフしたものにはまっています

今日ももふもふ。ふふふ( *´艸`)

(冒頭の文章と何のつながりもない文章でごめんなさい)

今日は1月の誕生花(正しくは1月11日の花)

ピンクのカーネーションをモフモフつくりました。(トップ画像参照)

→いろんな形に挑戦したんだけど、写真を撮るとなんだか違うものになっているような・・・

迷走気味。私としたことが何の花を作ったのかな。これ。

まとめどころがわからなくなってしまい・・・

こんな日もあるということで・・・

講習でカーネーションを作ってもらった写真を載せてみました。

ブルーのカーネーション、いいですよね。

青色の花言葉は「永遠の幸福」作られているのは、花嫁様

なんだかぴったりだと思いました。(オレンジは違う花です。)

そして、タイトルのピンクのカーネーションの花言葉は

「女性の愛」

カーネーションの花は、母の日に送るものだというイメージがあるので

このことか!と、思ったら赤いカーネーションの花言葉が「母への愛」でした。

さて次回、リコの七十二候の紙花生活は

1月26日(土)

大寒 七十一候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)

次は何をつくろうかな。

宜しくお願いいたします。

CIY

くうそうをかたちに、時間をともに。

0コメント

  • 1000 / 1000